お尋ねありがとうございます。画家のごく平凡な日常を綴っております。


by bubupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
まぁーサボって居たわけである。この忘備録的要素が強いこのブログ、、、あっという間に一年が経過していた。先ほど天気予報士が、土曜あたり、関東地方で大雨、もしくは大雪、、、などとラジオで述べていたが、、大雪の面倒は勘弁してもらいたい。うちは年寄りばかり、庭先の雪かきも毎回憂鬱なのである。寒気の状態や低気圧のコースによってこの時期の関東が雪に変わる確率が決まる。アーーー雪ふるな!うちは雪を観て風流を気取る奴も居ないし、喜んで庭を飛び回る犬も居ない。(笑)

この時期は春先の春陽展用の大作を3枚ほど描いていて、大詰めの時期で,前回の記事もそんな事が書いてある。とにかく朝から晩まで絵筆は握っている。最近は事情があり、息子の犬を預かっているので,午後2匹連れ散歩に出るが、1匹が老犬で歩く速度が遅い,一方もう一匹は若い犬、ぐんぐん引っ張るので,両腕のバランスを撮りながら歩き出す。是がかなりのストレスで疲れる。(笑)冬の気温が一番暖かな2時頃連れ出す。広大なお寺さんの敷地内で,階段を下りながら見晴らしが開ける場所があり,目の前に中学高校のグランドから若い歓声が聞こえてくる。風のない日だまりでは、小春日和。少し休憩して休む。2匹の犬も気持ち良さそうにしている。私も気分がいい。あの場所は好きな場所だ。
[PR]
# by bubupapa | 2014-02-06 08:56 | 日 記



e0055036_184924.jpg




版画とは向きは真逆ですね。版画での題名は『私の白い花』。顔もあります。人物の姿勢もほぼ同じ。油はまだ制作途中でこの先まだ変るかもしれない。顔のシリーズからまた一歩進み始めている。何時も絵にたしては自由でありたい。筆も硬い筆でたっぷり絵の具をのせる。ちまちま塗るのに飽きた。その分、気持ちが自由になっている。絵を作る感じから絵を描いている感じ。そういうふうに身体が反応している。







e0055036_181235.jpg

[PR]
# by bubupapa | 2012-12-14 01:26 | 油  彩  画

第63回・榎並和春個展

e0055036_9253647.jpg




■ 第63回・榎並和春個展
2012年 12/17(月)~12/24(月)
期間中休みなし
個展タイトル「どこか遠く2」
銀座・ギャラリー惣
104-0061 東京都中央区銀座7-11-6
徳島新聞ビル3F
03-6228-5507

国画のベテラン会員榎並和春氏の恒例の個展。
重厚なマチエールから浮かび上がる、滋味溢れる色彩と、カタチ
何処か懐かしい郷愁の世界。
[PR]
# by bubupapa | 2012-12-11 09:41 | ART情報
ユーチューブのコメント抜粋

インストなんですが、前回同様、何処か懐かしいメロディー、レトロな感じをベースに、路地裏に暮らす、貧乏絵描きをイメージしてつくりました。自作の何十年前の絵を使いました。イラストもありますが、気分はメローになりそうな絵ばかりです。気質的には感傷家なんですね。絵はそのまま出ますから。私は陽気なラテン系ではないのです!アッハハハハ。可成り分裂もしているんかな。まーいっか。

路地裏の画家(絵描き)

私の古い油絵、ドローイングが出てきます







次は、、






純な男の精一杯の告白のメロディー
男は切ないねぇー、、、。
秋の夜空に思いを馳せ、こさえてみました。
短いから何度でも聴いて下さい。(笑)
タバコの吸い過ぎで声がかすれてます。ごめんなさい。

Kataomoi (片思い)オリジナル曲

俺の心にいつも咲いている 貴女は白い花
愛しく 切ない この思い


そばに行けず声もかけられず 白い花は
俺の心に ぽつりと 咲いている

雨だれにとける 片思いの涙
それでもあなた、、俺の気持ち
届く日はいつの日か、、、

心泣いて 叫んでいる夜は
三日月が 心に刺さるよ
今すぐに 貴女を抱きしめて
思いを告げてみようか、、、

俺の心にいつも咲いている 貴女は白い花
愛しく やるせない この思い、、、








この間は中南米コスタリカ,サンホセのインストをやりましたので、アジアンテイストをやりました。即興でガレバンのキーボードで遊んでいたら、6分以上弾いてました。でたらめを!!何も弾けなくてもそれなりに聞こえる奏法をこのとき偶発的にみつけました。(笑)しかも超絶な指さばきをしているみたいに所々聞こえるじゃありませんかっ!(笑)しめしめこれでいこうと!まとめました。打楽器類で盛り上げたのはいいのですが、なんだかとんでもないオカズがたまに入ります。(間違えただけ)それを探すのも面倒なのでそのままです。でも可成り感じが良い音も時々つかんでます。好きなバスどらも良いですよ。(笑)映像はNHKライブラリーでゲットしました。冒頭の構成が一番好きです。映画のシーン的で気にいってます。全体に自分が作った感覚が皆無なのが不思議です。終わったら出来ていた感じがします。映像の叙情詩的なしあがりは、、、まーまーでした。しかし何でも手を出すね、私は。(笑)アミーゴ次はどこだ!
『勇者たち』副題は、、、胡蝶の夢  大画面だと雰囲気でますかね、、。









次は。。。
台風の襲来のとき作りました、、、というか即興でやってみました。ドラムはガレバンのソースをそのまま使用。味付けなし。最初にハープとギターで演奏。これを頼りに別トラックに、ギターのリズムを追加。そのあと別トラックにギターコード演奏を。ここで最初のものを、音量を下げ。その後別トラックに、全体を聴きながら、一発録りのハープ。まぁーこんな作り方をしています今回は。動画は好きなリトルウォルターおじさん。
ずっこけでエンディングマークThe Endのスペルが違っていた!!!ガビィーーーーン!キャー!

wikipedia Memo
Little Walter
1930年、ルイジアナ州のマークスヴィルに生まれる。12歳のとき故郷を離れ、ニューオーリンズ、ヘレナなどで活動した後、1946年シカゴに住むようになった[1]。
1947年、オラネル・レコードからレコードデビューを果たす。翌年1948年、マディ・ウォーターズのバンドに参加。1952年には、自己名義のインスト曲"Juke"がR&Bチャートで1位を記録した。その後も、"My Babe"、"Roller Coaster"などのヒット曲を生み出した。
1964年には、ローリング・ストーンズとともにイギリスをツアーする。1967年にもアメリカン・フォーク・ブルース・フェスティバル出演のため、再びヨーロッパへ渡っている。順調に成功を手にしていったウォルターだが、アルコール依存症が彼の健康を蝕んでいくこととなった。
1968年、シカゴのクラブに出演した際の喧嘩で負った怪我が原因で、37歳の若さで他界した。
Chessレコードを手に入れたのが彼との出会いだ。往くのが速すぎる。




Funky Blues Harp オリジナルインスト曲


私のYouTubeチャンネル
http://www.youtube.com/user/itpapa
[PR]
# by bubupapa | 2012-12-05 10:55 | YouTube自作曲

ドローイングから本画へ

今日は実際ドローイングから、本画になった様子をご覧頂きます。作例は古いものですが。ペイントソフトで描いたものから、モノクロ版画へ起こしたものです。一色一版のシンプルな木版画です。5ミリ厚のシナベニアに彫りました。カラーのドローイングとは趣は違いますが、墨だけのものは、和紙に刷り落とすと、独特の風合いが出てきます。私はモノクロ版画が好きで、多くて二版、薄墨や、藍色などをアクセントに添える位です。



e0055036_95627100.jpg







e0055036_957232.jpg









e0055036_9582314.jpg








e0055036_959828.jpg

[PR]
# by bubupapa | 2012-12-03 10:09 | 木  版  画

タクロー調で悦にいっている


日頃口ずさむ歌は、昭和の流行歌。特に幼い頃や、ニキビ顔の口をトンがらして唄っていた,歌謡曲、学園ソング、GSといったもの。すかして、ブルースもどきをこいても、根はやはり純な歌謡曲親父なのかもしれない.孫もいるからジジーかっ(笑)この曲はもろ吉田拓郎のメロラインで、この手はどうしも拓郎の影響をうけちゃう。あとですね、さびの部分で一緒に唄えたら,というほほえましい企みです.(笑)
過剰の繰り返しだと少し反省。ではどうぞ!

流行歌(はやりうた)/ オリジナル曲
Music/Yokohama-JiJi

昭和のはやりうたが すきです
いろんな風景が 見えてくるから
悲しさや 嬉しさが
胸にあふれてくるから

ラジオから流れる悲しい歌や
陽気な歌声あの頃に戻れるから
ほんとうにほんとうに
私は昭和が懐かしいんです

心にしみる優しさや あの頃の
人々のくらし貧しいけれど
まじめで生き生きしてた
けなげな人々

※黄昏の夕空に
今日も昭和のはやりうた
ビルの谷間にむかって
一人口ずさんでます

昭和のはやりうたが すきです
いろんな風景が 見えてくるから
悲しさや 嬉しさが
胸にあふれてくるから

※黄昏の夕空に
今日も昭和のはやりうた
ビルの谷間にむかって
一人口ずさんでます




先月YouTubeのアップした曲です。
レトロな曲をまた一つ。かなり古めかしい、詠嘆調の曲です。
画像は夢二の恋人、愛人、別れた人、を使いました。恋多き画家だったのですが、、彦乃,お葉 etc、マーうらやましい限りですが(笑)彦乃さんは有名な黒船屋のモデルですね。

古い写真で、わざとぼかしています。
歌の内容とは少し違いますがね、何となく大正ロマンぽくいきました。

君麗しの,,, /Music Yokohama-JiJi

※今を生きよ 囚われず
 風の中に生きよ
 熱き魂は 留まる事
 時を 選ばず 望まず


君麗しの 黒 髪
小さき顔(かんばせ)
白きうなじ
ひっそりと佇めば
川面に揺れる 陽炎

熱き恋よ 青 春
時代の河よ
滔々と流れる
この熱き思い 恋に

男子ならば 潔く
桜散る様に
想いを放て
其れだけでもいい
其れがたとえ幻でも

熱き恋よ 青春
時代の河よ
滔々と流れる
この熱き思い 恋に


※今を生きよ 囚われず
 風の中に生きよ
 熱き魂は 留まる事
 時を 選ばず 望まず
[PR]
# by bubupapa | 2012-12-01 01:15 | YouTube自作曲

ドローイング・ピエロ他





e0055036_22453188.jpg

ピエロはモーチィーフとして、面白い。様々な絵描きが趣向を凝らして描いて来た。
私も好きです。絵になりやすい事もあるんだろうが、、、。
ルオーの道化や三岸好太郎が有名だね。二人とも好きな作家だという事もあるのかね。










e0055036_22462545.jpg

何気なくペインターで描いたらこんなドローイングが出来た。なんだか暗い絵だね。
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-30 22:57 | ドローイング

春陽会出品・ファイル

毎年春に新国立美術館で行われる春陽会の春陽展今年が89回展だった、来年は90回展の節目、第83回展に応募し初入選をへて、月日は流れ6年の歳月が過ぎた。早いものだ。少しは絵画の向上はあったのだろうか、、、。当初の画面から発する気韻の深化を追い求め、画風は変化したが、伸びやかな精神の充実は、いまだみえない。84回展より東京都美術館から新国立美術館へ展示会場が代わり、先の大震災で、所属会員の皆様も被害に遭遇した方もおられた。やはり人の思いも時間も大きな時に流れに漂ってゆくものだ。こうして昔の作をアップしていたら、やはりいろいろ思いが立ち上がり、それなりに気持ちが引き締まる。



e0055036_1033554.jpg

         第83回春陽展『松風母子像』








e0055036_10334173.jpg

         第83回春陽展『白衣胡蝶之図』








e0055036_10343180.jpg

         第84回春陽展『夢人遊胡蝶之図』









         
e0055036_10352326.jpg

          第84回春陽展『貴婦山水之図』








e0055036_10354570.jpg

          第84回春陽展『赤衣裸婦之図』









e0055036_10373138.jpg

          第85回春陽展『花椿三人模様暮色』








e0055036_10384069.jpg

           第85回春陽展『白衣胡蝶之図2』









e0055036_1038530.jpg

第86回春陽展『夢扇舞女之図』











e0055036_1039187.jpg

           第87回春陽展『早春賦』









e0055036_10394423.jpg

           第86回春陽展『山河黎明之図』










e0055036_1040111.jpg

            第87回春陽展『凛 奏』








e0055036_10402860.jpg

第87回春陽展『幽玄笛女』











e0055036_10405147.jpg

           第87回春陽展『野辺之親子舞』











e0055036_10444261.jpg

           第88回春陽展『唯心』









e0055036_1043574.jpg

           第89回春陽展『相 貌』









e0055036_10452163.jpg

         第89回春陽展『蒼いまなざし』
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-27 11:56 | 春陽会作品


YouTubemかれこれ4年動画を投稿している。ギターしか楽器は弾けないが、それでも今の音楽ソフトは、私みたいな素人でも結構本格的な曲作りが可能だ。コンピュータとマイクをつなげるインターフェイス、Mac付属の音楽ソフト、ガレージバンドがあれば、簡単に作れてしまう。今日の動画は、そんなパソコン周辺機材で作ったもの。稚拙は承知、素人が遊びで作るものだからたかが知れているが、本人はその気でおもしろがっている。音楽は音を楽しむものと、開き直る。これが気持ちいい。聞かされる方はたまったモンンじゃないが。(笑)唯YouTubeでの音楽仲間の交遊は、皆優しいから、ニコニコで声をかけてくれる。嘘でも嬉しいのだ。それが、、、。
YouTubeに書いた紹介文

この映画のシーンを想い描きながらピアノをぽろぽろでたらめ弾いていたら、何となく、ジャズっぽいのが出来ないものかと、、、すべてでたらめですが、何となくこの映画雰囲気が出たような出ないような、、、マー秋の夜長聴いて下さい。まだ夜長になってなかったっけ、、、。(笑)監督レオス・カラックスは20年間にたしか4本だと思ったな、、、寡作な天才映画監督、映像美は鳥肌が立ちます。オタクじゃないけど、凄い作家ですね。大きな画面の方が雰囲気出るかもね、、、。アミーゴ^ー^
追伸・ポンヌフの恋人・予告編がありました
http://www.youtube.com/watch?v=409W8TzFT8Q&feature=endscreen
http://www.youtube.com/watch?v=GbglEEZ6sa8
http://www.youtube.com/watch?v=HHJFKJ50q9Q&feature=endscreen
http://www.youtube.com/watch?v=J-Q2AiCfAHo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=0te4Bk5RFNs&feature=endscreen

是非ご覧を・素晴らしい作品です


映画の内容は... (以下Wikipediaより)
閉鎖中のポンヌフ橋で暮らす天涯孤独の青年ホームレスのアレックスは、
いつものごとく酒を飲みながら夜のパリを放浪していたが、
車に片足を轢かれてしまう。そこへ 通りかかった女は 恋の痛手と失明の危機から
家出放浪中の女画学生ミシェル。
アレックスはミシェルの美しさに初めて恋の心地を知り、ポンヌフ橋を仕切っている
初老の浮浪者のハンスにこの家出娘のミシェルを置いてくれるように頼み込む。
そして二人のホームレス生活が始まる。ジュリアンというチェリストへの恋の未練と
画家としての失明の恐怖を両手に抱えたミシェルと、他人との繫がりをあまりにも持たずに生きてきたアレックスとの間にも徐々に愛情に似た親愛が芽生え始める。しかしそんな橋の上での生活にも慣れてきたある夜、ミシェルは携帯ラジオから自分を探すアナウンスを耳にする・・・

この映画は完成までに3年を費やし、実生活の恋人でもあったビノシュとの破局や、
膨大に膨れ上がる予算の問題もあったが、それでもなんとか完成にこぎ付けたという。
美しいポンヌフ橋で繰り広げられる花火のシーンや、地下鉄のポスターに火を放つ姿は圧巻。製作中に費用捻出の問題から撮影中断にも追い込まれ、撮影後も
パリの街の巨大なセットを解体する費用が出せずそのままの形で残っている。
フランス映画史上最大の予算をかけたホームレス映画 といわれているらしい。


製作総指揮 ベルナール・アルティーグ 製作 クリスティアン・フェシュネール
監督・脚本 レオス・カラックス 撮影 ジャン・イブ・エスコフィエ 美術 ミシェル・バンデスティアン
出演 ジュリエット・ビノシュ/ドニ・ラバン/クラウス・ミヒャエル・グリューバー
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-26 14:46 | YouTube自作曲

和音を奏でたい

和音を奏でたい、、、
ギターで言えば5弦②3弦①2弦③
○数字はフレッド
Eコードのセブンスだった
ブルースに出てくるおなじみなコード
なるほどと思いまして、、、、
確かにメジャーではなくマイナーでもない
セブンスコードでした。
ここ数年はそんな気分かもしれんなと思った。

蒼いまなざし/100号油彩画

e0055036_12202237.jpg







唯心/100号油彩画

e0055036_12213397.jpg

[PR]
# by bubupapa | 2012-11-25 12:35 | 油  彩  画

抽象画あれこれ



昔遊び半分で描いた抽象画。マーここではいちいち題名はつけないが、上部から4作は木にガッシュで描いたもの。以下はパソコンで描いたもの。色彩、線、画面の構成を単純な方形でイレージするみたいな遊びだったような気がする、どこまで、出し続けられるか?結構こうした遊びは愉快だ。へりくつを重ねる絵画からは一時解放される、多分こうした無心の世界に、絵の心之醍醐味があるような気がする。






e0055036_8545155.jpg







e0055036_8543734.jpg







e0055036_8541590.jpg








e0055036_8535665.jpg







e0055036_8533816.jpg









e0055036_8562824.jpg







e0055036_8561590.jpg






e0055036_85621.jpg





e0055036_8554472.jpg






e0055036_8552767.jpg





e0055036_8551412.jpg

[PR]
# by bubupapa | 2012-11-24 09:06 | ドローイング





少し物寂しい感じのギター曲、マックについているソフトガレージバンドでつくりました。
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-23 14:01 | YouTube自作曲
秋色タウンストリート/自作曲





最近のYouTubeアップ曲。
一日一回はギターをなんだかつま弾いているが、自己流なので進歩が無い。








最近コリだしたのが、落語、YouTubeで楽しんでいる。小三治『ラクダ』がおもしろかった。
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-23 13:55 | YouTube自作曲

内面の孤独




e0055036_1117305.jpg


去年の墨彩画。此れといった思いは無いが、画用紙にいたずら描きしていたときにできたもの。この坊さんのうしろ姿は私の内面の孤独なんだろう。
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-21 11:24 | 墨  彩  画

ドローイング再開





e0055036_17162832.jpg











e0055036_17144247.jpg












e0055036_17194639.jpg












e0055036_17174484.jpg










e0055036_17255255.jpg

春陽展出品100号『唯心』







どのくらいさぼってたか忘れたが、、ずいぶんとほったらかしていた。マー本来ずぼらな性分で、これまでもこうしたブログも突然やめたり再開したりの常習者で、其れが世間様に迷惑というのであれば問題だが、ブログのような個人の日常のあれこれも、まして無名の貧乏絵描きの戯言などを、書き連ねる倦さもあり、何となく理由もそんなところで、ほっておいた。他意はありはしない。絵もそれなりに精進はしていますが、時間が空けばYouTubeに自作の曲をアップして、それなりの反響が、彼処はすぐに帰ってくるんで、そんな面白さもあり、ずいぶんとは恥さらしを重ねて3年以上過ぎた。Facebook、つぶやきといろいろ手は出すが、なんだか皆ずぼらになっている。まったくしょうがないねぇー。

最近は公募展のみの制作活動で年に一度の本展、あとは研究会での研鑽、であっという間に一年が過ぎてゆく。絵画の模索はそれなりに続けているが、来年は今年とまたすこし色合いが変わって来た。

マーそんなところで、ドローイングをいくつか並べてみた。最近の作がこのところアップしてなかったので、、、油彩画は春陽展出品100号『唯心』。
赤い服の女性のドローイングは今120号で格闘しているが潰れるのか、生き残るのか私には分らない。少しずつドローイングなどのせてゆこうと思っている。遊びのYouTubeは音楽断ちしている。たまに浮かぶメロディーはこまめにメモを録っているが、、、(笑)
[PR]
# by bubupapa | 2012-11-19 17:38 | ドローイング