お尋ねありがとうございます。画家のごく平凡な日常を綴っております。


by bubupapa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

映画ボンヌフの恋人へのオマージュ/自作曲



YouTubemかれこれ4年動画を投稿している。ギターしか楽器は弾けないが、それでも今の音楽ソフトは、私みたいな素人でも結構本格的な曲作りが可能だ。コンピュータとマイクをつなげるインターフェイス、Mac付属の音楽ソフト、ガレージバンドがあれば、簡単に作れてしまう。今日の動画は、そんなパソコン周辺機材で作ったもの。稚拙は承知、素人が遊びで作るものだからたかが知れているが、本人はその気でおもしろがっている。音楽は音を楽しむものと、開き直る。これが気持ちいい。聞かされる方はたまったモンンじゃないが。(笑)唯YouTubeでの音楽仲間の交遊は、皆優しいから、ニコニコで声をかけてくれる。嘘でも嬉しいのだ。それが、、、。
YouTubeに書いた紹介文

この映画のシーンを想い描きながらピアノをぽろぽろでたらめ弾いていたら、何となく、ジャズっぽいのが出来ないものかと、、、すべてでたらめですが、何となくこの映画雰囲気が出たような出ないような、、、マー秋の夜長聴いて下さい。まだ夜長になってなかったっけ、、、。(笑)監督レオス・カラックスは20年間にたしか4本だと思ったな、、、寡作な天才映画監督、映像美は鳥肌が立ちます。オタクじゃないけど、凄い作家ですね。大きな画面の方が雰囲気出るかもね、、、。アミーゴ^ー^
追伸・ポンヌフの恋人・予告編がありました
http://www.youtube.com/watch?v=409W8TzFT8Q&feature=endscreen
http://www.youtube.com/watch?v=GbglEEZ6sa8
http://www.youtube.com/watch?v=HHJFKJ50q9Q&feature=endscreen
http://www.youtube.com/watch?v=J-Q2AiCfAHo&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=0te4Bk5RFNs&feature=endscreen

是非ご覧を・素晴らしい作品です


映画の内容は... (以下Wikipediaより)
閉鎖中のポンヌフ橋で暮らす天涯孤独の青年ホームレスのアレックスは、
いつものごとく酒を飲みながら夜のパリを放浪していたが、
車に片足を轢かれてしまう。そこへ 通りかかった女は 恋の痛手と失明の危機から
家出放浪中の女画学生ミシェル。
アレックスはミシェルの美しさに初めて恋の心地を知り、ポンヌフ橋を仕切っている
初老の浮浪者のハンスにこの家出娘のミシェルを置いてくれるように頼み込む。
そして二人のホームレス生活が始まる。ジュリアンというチェリストへの恋の未練と
画家としての失明の恐怖を両手に抱えたミシェルと、他人との繫がりをあまりにも持たずに生きてきたアレックスとの間にも徐々に愛情に似た親愛が芽生え始める。しかしそんな橋の上での生活にも慣れてきたある夜、ミシェルは携帯ラジオから自分を探すアナウンスを耳にする・・・

この映画は完成までに3年を費やし、実生活の恋人でもあったビノシュとの破局や、
膨大に膨れ上がる予算の問題もあったが、それでもなんとか完成にこぎ付けたという。
美しいポンヌフ橋で繰り広げられる花火のシーンや、地下鉄のポスターに火を放つ姿は圧巻。製作中に費用捻出の問題から撮影中断にも追い込まれ、撮影後も
パリの街の巨大なセットを解体する費用が出せずそのままの形で残っている。
フランス映画史上最大の予算をかけたホームレス映画 といわれているらしい。


製作総指揮 ベルナール・アルティーグ 製作 クリスティアン・フェシュネール
監督・脚本 レオス・カラックス 撮影 ジャン・イブ・エスコフィエ 美術 ミシェル・バンデスティアン
出演 ジュリエット・ビノシュ/ドニ・ラバン/クラウス・ミヒャエル・グリューバー
[PR]
by bubupapa | 2012-11-26 14:46 | YouTube自作曲